家づくりは幸せづくり「高木建設株式会社」

資料請求はこちら

高木建設TOPページ高木建設の家づくり > よくある見積もりのからくりとは?

よくある見積もりのからくりとは?

よくある見積もりのからくりとは?

引き渡し価格を明確にしない

坪単価を安く見せて、追加工事で利益を上げる。                     

家づくりで何も知らない人がこんな皮算用をします。 「坪単価30万円か...すると40坪で1200万円。これなら俺にも買えるぞ!」 
しかし、多くの場合、家が完成すると価格は1.5倍から2倍にまで膨れ上がります。
商談時には坪30万円。でも、あれを付けると〇〇万円アップ, これを直すと さらにアップといった感じで、家が完成する頃には目が飛び出るほど高い金額の家を 建ててしまっているのです。
「どういうことだ?詐欺と変わらないじゃないか・・・」
怒ってもだめです。それが住宅業界の常識なのです。
住宅価格の表示方法には決まりなく、価格の提示方法が各社で自由なのです。
坪単価で表示のところもあれば、丸ごとフル装備の価格を示すところもあります。
また、引渡し価格の場合もありますし、「設計してみないと金額は出せません」 などと言い出す会社まである始末です。
「坪単価25万円」という広告に惹かれて喜んで話を聞きに行くと、「60坪以上でなければその単価にはなりません」「基礎工事が別です」 などと言われてがっかりすることがあります。
 「あれもこれも付いて、このプランで○○円!」と書いて、 「建築諸費用がかかります」と百万円以上の金額を上乗せする。
  「モデルハウスを持つ一般住宅会社の場合、カーテンなどのオプションは、 カタログから選んでいただきます。建築確認申請も決して安くはありません。
ローコストを売り物にする住宅会社にも良い会社、悪い会社はあります。 その善し悪しを見分けるために、以下の点は必ず押さえておいてください。
良い会社は、契約前に引き渡し価格の話をします。 そこで、家本体以外にかかる費用を文章で説明してくれます。
悪い会社は、契約前にチラシにある本体価格のみで話を進め、 契約後にその他にかかる費用を提示するのです。

坪30万円の家が、引き渡し時には坪50万円になる?

家の本当の価格はいくらなの? 適正価格を知っていい家をつくりましょう!

家づくりを進めて行くと、必ずぶつかる壁があります。それは、チラシでは価格が安かったのに、次から次にオプション工事が増え、最後にはとても手が出ない金額になってしまった...ということです。
今建築をお考えの方は思い当たるふしがあるのではないでしょうか?
私たちはオプション工事で住宅金額が増えていく、 このようなことを住宅業界からなくしたいと思っています。
 坪30万円の家が引渡すときには坪50万になる。
こんなことがあっていいはずありません。そんなことを住宅会社がやっていたのでは、真剣に家づくりをする人がいなくなってしまいます。私たちの会社で建ててください、とは申しません。しかし、いったいいまどのくらいの金額でどの程度の家ができるのか?
それを知るだけでも勉強になる事でしょう。 どうか私共の見学会をあなた様の大切な家づくりの商品選択の基準にして下さい。

家を建てる前にまず知っておくべき4つのポイント

ページの先頭へ