家づくりは幸せづくり「高木建設株式会社」

資料請求はこちら

高木建設TOPページ高木建設の家づくり > 高木建設の見積り提案

高木建設の見積り提案

高木建設の見積り提案

総費用を提示する会社は信頼できる会社。その反対は...

まず、家づくりで一番大切なことは、資金計画をしっかりやって、建築費にかける予算を確定されることから、始めることです。
その上で、その予算にあった建物で、お客様の満足条件をどこまで満たせるものが造ってもらえるのかを聞かれることが、間違いないでしょう。

良い会社は、契約の時点で、引渡して、即生活して頂けるまでにかかる全ての費用を提示して、ご安心・ご納得して頂けた時点で契約頂くものです。

悪い会社は、契約前にチラシにある価格で、あと何がいくら必要かも明確にせず、契約し、あとに次から次へと必要な費用を持ち出して、

引渡しを受ける頃には、大幅な予算オーバーになっていくのです。

曖昧な見積りは信用できない

まず住宅会社の利益って、どの位かご存知ですか?
これも価格の提示方法が各社自由なように各社それぞれなんです。 ただ、出された見積を見て、その住宅会社の利益(必要経費)がいくらかなんてわかりませんよね。
「もしかして、相当ぼったくりな見積なんじゃないか?」って疑われませんか?

一番わかりにくいのは、○○工事一式 ¥○○円 「へえー大体そのくらいなんだ?」
ちょっとまって下さい。もし細かな変更された場合はどうなりますか?

業者:「はい、一式○○円です。」、お客様:「はあ?」、「へえー大体そのくらいなんだ?」
これで納得できますか? めちゃくちゃ曖昧じゃないですか?
そもそも見積構成とは、実際に必要な㎡当り、m当り、坪当り、ヵ所当りの材料と、それを加工したり組み立てたりする手間賃の合計なんです。それに実際かかる面積や距離、坪数、数量などを掛けたものが見積額となっています。
ですから、変更された場合には、数量が減ったり増えたりすれば、それを増減して金額を変更するんです。

「そんなこと、素人だからわかなくても・・・お任せします。」本当にそれで大丈夫ですか?
「だって見積自体○○工事一式って書いてあるし・・・わからないから・・・」何千何百万円の買物をするのに本当にそれでいいのでしょうか?

当社は、まず、お客様の資金計画のご相談をさせて頂き、お客様のトータル的なご予算枠を把握した上で、計画を提案させて頂き、生活するのに必要な工事は全て含ませて頂くようにしています。

ページの先頭へ