家づくりは幸せづくり「高木建設株式会社」

資料請求はこちら

高木建設TOPページ高木建設の家づくり > 坪単価って何?

坪単価って何?

坪単価って何?

よくある坪単価見積もりのからくりとは?

複雑な建築見積の秘密すべて公開します。

家を建てようと思い、住宅会社のチラシを見て、家づくりで何もしらない人がこんな皮算用をします。

「ねえ、あなた、坪単価30万円って書いてあるわよ。じゃあ、うちだと40坪で1200万円で建てられるのかなあ」
そう思って実際見積もりしてもらうと「最終的に1800万円になります」と営業マンの答え。 「なんで?」って思われたことはないでしょうか?

多くの場合、家が完成すると価格は1.5倍前後に膨れあがります。商談時には坪30万円。でもあれを付けると○○万円アップ、これを直すとさらにアップといった感じです。
また、坪単価の定義もさまざまで、 純粋な床面積の坪のところもあれば、ポーチやバルコニー、小屋部屋までを含んだ坪数に単価を掛けるところもあります。 家が出来て必ず必要なもの、例えば、屋外の給排水の配管、浄化槽、アンテナや照明器具、カーテン、建築確認申請や経費、消費税、が含まれていない場合もあります。
坪数が少なければ、同じ坪単価で安くなると思いきや、坪数が多くないと、その単価では出来ませんってなこともあります。

「えって?」・・・だって、一軒で、必要な水廻りって、何坪の家でも同じですよね。でも、お金のかかるとこって、水廻りですよね。 坪数が増えれば、高い部分が分散されて、あたかも坪単価が安くなっているように見えるだけなんです。それが家が完成する頃に、目が飛び出る高い金額の家を建ててしまっている方が多い理由です。 ただ、勘違いしないで下さい。決して坪単価表示をして売っている会社がダメというわけではありません。むしろ分かり易くていいと思います。
それが何もかもを入れた坪単価であればということですが・・・・

住宅価格の表示方法には、決まりがないという現実...

「どういうことだ? 詐欺と変わらないじゃないか・・・」
しかし、それが住宅業界の常識なのです。 住宅価格の表示方法には、決まりがありません。価格の提示方法が各社自由なのです。 坪単価で表示するところもあれば、決まった間取りを定額表示するところもあります。また、引渡し価格の場合もあります。 ただ、実際現実的に、お客様のご予算には、誰しも必ず限りがあります。あとから予算を大幅にオーバーしないように、
住宅価格表示に必要なものが、すべて含まれているかどうか、事前に調べてきましょう。

家を建てる前にまず知っておくべき4つのポイント

ページの先頭へ